Disclaimer

The information provided in this website should not be construed as an offer to sell to any person, or a solicitation of any offer to buy from any person, in any jurisdiction, any interests in any products or funds, nor should it be regarded as an investment product or financial advice or be relied upon for any purpose.

While CLSA Capital Partners Limited, its subsidiaries and their respective directors, officers, employees, agents, contractors and advisers (collectively, the "CLSA Capital Partners Group") use reasonable efforts to obtain information from sources believed to be reliable, the CLSA Capital Partners Group does not make any representation or warranty as to the truth, accuracy or completeness of the information (including statements of opinion or expectation) provided in this website or as to the achievement or reasonableness of any future projections, estimates, prospects or returns or any of the assumptions underlying them. The CLSA Capital Partners Group shall not have any liability (whether arising from negligence or otherwise) for any representations (expressed or implied) contained in, or for any omissions from, the information on this website. None of the information provided in this website has been approved by any governmental or other authority in any jurisdiction.

The investments described in this website were selected to illustrate types of investments that the funds sponsored by the CLSA Capital Partners Group may pursue. Therefore, these investments are not indicative of future investments or the actual or anticipated performance of the funds, sponsored by the CLSA Capital Partners Group, through which such investments were made, nor should such investments be viewed as representative of the portfolio of investments held by such funds.

The content provided in this website is, unless otherwise specified, directed at residents of the United States and not intended for distribution to, or use by, any person or entity in any jurisdiction where such distribution or use would be contrary to law or regulation or which would subject the CLSA Capital Partners Group to any registration or other requirement within such jurisdiction. Access to this website may be limited with respect to any person, geographic region or jurisdiction, and the information contained in this website is subject to change without notice.


Disclosure

In accordance with the Financial Instruments and Exchange Law of Japan, certain information is made available for Japanese investors upon request. Please email us at Capital.Partners@clsa.com.

免責事項

当サイトに掲載しているCLSA Capital Partners Limitedの運用するファンド(以下「ファンドという。」)に関する情報は、投資に対する助言または販売の勧誘を目的としたものではありません。またこれらの情報は特定の金融商品等の売買の推奨又は投資助言を意図したものではありません。

CLSAの関連会社、並びにその役員、管理者、従業員、代理人、契約者及び助言者(以下、「CLSAキャピタルパートナーズグループ」という。)は、当サイトに掲載する内容(意見や将来の見通しについての記述を含む)に関しては万全を期しておりますが、その公正性、正確性及び完全性、並びに将来の業績、予測、及びパフォーマンスの実現性や合理性に関する記述又はその表現について、表明又は保証するものではありません。またCLSAキャピタルパートナーズグループは当サイトで掲載している情報、又はその内容における完全性及び正確性を、明示的にも黙示的にも保証しておりません。当サイトの内容は関係官庁に承認されたものではありません。

当サイトに記載された投資案件は、CLSAキャピタルパートナーズグループが過去に取り組んだ投資の一例として選択されたものであり、CLSAキャピタルパートナーズグループが将来取り組む投資の内容及びそれらの業績の予測を示すものではありません。当サイトに掲載されている情報は、その情報の配布又は使用がその地域や国の法律や規制の違反となるような地域や国、又はファンド及びCLSAキャピタルパートナーズグループが登録義務を負うような地域や国の個人または組織への配布又はこれらによる使用を意図したものではありません。


News
17 May 2018 MARR Online 2018年6月号にサンライズ投資先であるMOAグループの記事が掲載されました
15 May 2018 日本歯科新聞2018年5月15日号にサンライズ投資先である株式会社ノーザの経営陣インタビューが掲載されました
18 Apr 2018 株式会社Lcodeによる株式会社ピーシーエヌ及びアイクオリティ株式会社の株式取得について
13 Apr 2018 株式会社ノーザへの資本参加について
16 Mar 2018 MOAグループへの資本参加について
2 Mar 2018 株式会社ロイネス、B-first 株式会社とサンライズ・キャピタルの資本提携について
28 Feb 2018 アウトソーシング・インベストメント株式会社による株式会社ハマエンジニアリングとの資本提携について
19 Feb 2018 2018年2月19日付の繊維ニュースにサンライズ投資先である丸紅メイト株式会社の記事が掲載されました
8 Feb 2018 私塾界2018年2月号にサンライズ投資先である株式会社ビーシー・イングスの経営陣インタビューが掲載されました
2 Feb 2018 丸紅メイト株式会社への資本参加について
30 Oct 2017 株式会社ビーシー・イングス株式の一部譲渡について
2 Oct 2017 アウトソーシング・インベストメント株式会社による吉田産業株式会社との資本提携について
27 Sep 2017 日経新聞朝刊に弊社代表のインタビューが掲載されました
10 Aug 2017 株式会社ビーシー・イングスによる株式会社赤坂学院との資本提携について
27 Jun 2017 株式会社ライフドリンク カンパニーにおける新代表取締役就任のお知らせ
21 Jun 2017 サンライズ・キャピタルによる El Doradoグループへの資本参加について
8 May 2017 Sunrise Capital III ファイナルクロージングのお知らせ
31 Jan 2017 私塾界2017年1月号にサンライズ投資先である株式会社ビーシー・イングスの経営陣インタビューが掲載されました
31 Jan 2017 「塾と教育」2017年1月号にサンライズ投資先である株式会社ビーシー・イングスの経営陣インタビューが掲載されました
16 Jan 2017 株式会社あさみやと株式会社明和との経営統合に伴う、新会社「株式会社ライフドリンク カンパニー」設立に関するお知らせ
11 Oct 2016 ひろしまスターターズにサンライズ投資先である株式会社ビーシー・イングスの社長インタビューが掲載されました
11 Oct 2016 アウトソーシング・インベストメントグループとの資本業務提携について
2 Sep 2016 株式会社ベイカレント・コンサルティングの新規上場に関するお知らせ
1 Aug 2016 Biz/Zineにサンライズ投資先である株式会社ベイカレント・コンサルティングの社員インタビューが掲載されました
8 Jul 2016 株式会社ミライブの株式譲渡に関するお知らせ”
3 Jun 2016 BigLife21に弊社代表のインタビューが掲載されました
12 May 2016 株式会社ビーシーホールディングスとサンライズ・キャピタルの資本提携について
25 Feb 2016 M&A Timesにサンライズ投資先である株式会社ワールドツールの社長インタビューが掲載されました
18 Feb 2016 M&A Timesにサンライズ投資先である株式会社ワールドツールの社長インタビューが掲載されました
15 Sep 2015 MARR Onlineに弊社代表のインタビューが掲載されました
15 Sep 2015 MARR Onlineにサンライズ投資先である株式会社ワールドツールの社長インタビューが掲載されました
24 Jun 2015 グーネット自動車流通にサンライズ投資先である株式会社MIRIVEの社長インタビューが掲載されました
22 May 2015 株式会社ワールドツールとCLSA キャピタルパートナーズの資本業務提携について
15 May 2015 株式会社あさみやとの資本業務提携について
24 Jan 2015 グーネット自動車流通にサンライズ投資先である株式会社MIRIVEの社長インタビューが掲載されました
10 Nov 2014 第2号ファンドのファイナル・クロージングのお知らせ

サンライズ・キャピタルについて

Megumi_Kiyozuka

清塚 徳
マネージングディレクター / 日本総責任者

サンライズ・キャピタルは2006年に設立された日本の中堅優良企業の成長支援に特化した投資ファンドです。国内外の多種多様な機関投資家から受託した累計約1,000億円の資金を用い、企業価値で50億円から300億円前後の中堅優良企業を主な投資対象としています。個社の特徴・強みと合わせ、マクロ経済・人口動態等の趨勢・影響も慎重に分析し、企業の将来性に関して独自の投資判断を行います。これまで主に事業承継案件を支援して参りましたが、大企業の非中核子会社の独立支援や上場企業の非公開化等にも積極的に取り組んでおります。

投資先支援方針

我々サンライズ・キャピタルのメンバーはプライベートエクイティ、投資銀行、経営コンサルティング、財務、会計、法務、事業会社、海外での勤務経験など、多様な経歴・経験を有するプロフェッショナルによって構成されています。投資先支援に当たっては、個社のニーズに柔軟に対応すべくオーダーメイド型で様々な支援を行いますが、サンライズ・キャピタルの支援方法には幾つかの特徴があります。

  • ジョイント・ベンチャー型経営支援
    • 創業者は大半の株式を売却することにより、創業者メリットを享受
    • 他方、創業者は引き続き主要株主兼社長として経営の現場をリード
    • サンライズ・キャピタルは創業者のジョイント・ベンチャー「JV」パートナーとして新たな視点から経営支援
    • 但し、創業者のご要望に応じて、持分の100%取得も検討致します。
  • 「ボディーオン」支援
    • 投資先の要請に応じサンライズ・キャピタルのメンバーが投資先に一定期間駐在し経営改革や上場準備等を支援(ハンズオンを超える現地駐在型支援「ボディーオン」支援)
    • 投資先支援や取締役派遣に対し、報酬・顧問料・交通費・配当等は一切請求せず、企業価値向上に全精力を傾注
  • アジア展開支援
    • CLSAの広範なアジアネットワークと知見を活用し、投資先のアジア展開を積極的に支援

我々サンライズ・キャピタルは投資先の成長支援を通じて、顧客・取引先・地域社会・社員等のあらゆるステークホルダーの効用を最大化、ひいては日本経済の発展及び課題解決に貢献したいと考えています。